委員会紹介及び
事業計画
COMMITTEE

研修委員会 COMMITTEE

職員も講師に

和やかな研修会風景

経営方針

■「論理の展開」を体験し、知性(認知能力)を高めよう
■知性を高めるための方法は、「論理の展開」です。教わるより、教える方が身につくのです。教わることは「学習」で、教えることは「勉強」だとも言われます。様々な立場を経験しながら、論理的思考を培い、技術を磨き、意欲を継続しながら新しいものを創造していこう
■多様な関わりの中で「成功」と「失敗」を体験し、感性(非認知能力)を培おう
■感性とは価値あるものに気づく心の感受力であり、個性の原点です。それは,多様な関わりの中での体験によって培われます。様々な体験の中で、感受力を高め、コミュニケーションスキル、リーダーシップ、公共心、規範意識、他者理解力、忍耐力などを培い、自身の個性を確立していこう

経営目標(中・長期ビジョン)

1.専門知識・技術を高める
より良いサービスの提供を目的に、関係する質の高い知識と技術を培います
2.創造力を培う
多様な経験と知識を得、思考、想像力を生かし新しいものをつくる力を培います
3.論理的思考を培う
情報収集力、問題発見力、分析力、理解力、観察力など、論理的思考を培います
4.継続性を培う
好奇心、探究心など、知識欲をもって、知識や能力を継続的に高めていきます
5.コミュニケーションスキルを培う
言語能力、表現力を高め、コミュニケーションスキルを培います
6.リーダーシップを培う
想像力、状況理解力、判断力を養い、柔軟性、協調性をもって対人影響力を高めます
7.公共心を培う
人間としての基礎・基本を土台とし、社会の一員として公共心を培います
8.ルール・規範意識を高める
ルール・規範的意識、倫理観、道徳性を高め、責任のある行動をします

委員長の言葉

 みかり会では、「認める」「任せる」を人財育成の基本としています。

 実践例として、内部研修等で職員に講師を任せることで「成功体験」だけでなく「失敗体験」も次へのステップと捉え、「教わる」より「教える」方がより成長できる機会になると考えています。

 職員一人一人が多様な関わりや様々な体験を通して成長できるよう、個々の成長に応じた研修システムの見直しにも取り組んでいます。

委員長  長友 幹夫

令和二年度 事業計画

  • 個別研修システムの構築(自己評価チェック、個別研修計画の見直し)
  • 非正規研修、新人研修、特別研修、パワーアップ研修等の企画運営
  • 採用時マニュアルの作成・改善

人財確保・定着委員会 HUMAN RESOURCES

チームで頑張る

就職フェアのパンフレットも工夫して

経営方針

■学習と成長の仕組みを構築し、組織を活性化させよう
■多様な関わりによって人は成長します。子どもも大人も同じです。私達は、他の業種にない恵まれた環境にあります。意識をしないと気づかぬほど日常的なことですが、そのことに感謝し、利用者、また、スタッフ同士などの多様な関わりの中で、立場を経験しながら、幸せに生きるためのフィロソフィ(哲学)を自ら確立していこう。
■多様な関わりの中で「成功」と「失敗」を体験し、感性(非認知能力)を培おう
■感性とは価値あるものに気づく心の感受力であり、個性の原点です。それは,多様な関わりの中での体験によって培われます。様々な体験の中で、感受力を高め、コミュニケーションスキル、リーダーシップ、公共心、規範意識、他者理解力、忍耐力などを培い、自身の個性を確立していこう

経営目標(中・長期ビジョン)

13.良質な人材を確保する
様々な効果的な手段を講じ、良質な福祉人材を確保します
14.上司、部下、スタッフ同士の関わりの充実
日常の上司、部下、スタッフ同士の関わりの中で成長できるよう健全な組織風土を確立します

委員長の言葉

 質の高いサービスを提供するために、優秀な人財を確保すべく「ホームページ」や「就職フェア」での内容を検討、法人内の施設を現地案内する「リクルートツアー」の企画・運営等を行っています。

 また、就職後も働きやすい人間関係を築いていくために、同期の「フィードバック研修」や「バレーボール大会」「バーベキュー」「運動会」等のレクリエーションを計画し、法人内他施設の職員との交流も積極的に行っています。

 共に働く私たちが安心して働ける楽しい職場づくりを目指しています。

委員長  藤原 剛

令和二年度 事業計画

  • 同期同士で学びを深める研修の企画・運営
  • 効果的な人財確保の為の見える化・発信力の強化、強み弱みの整理
  • 人財定着を目的としたレクリエーション活動の企画・運営

質の向上委員会(乳児) IMPROVE QUALITY

一人一人の養護を考える

五感で感じる

経営方針

■自分の能力を精一杯使い、子ども・高齢者・障害者、保護者の方々にお返しをしよう
■受容的環境を確立し、ご利用いただいているすべての方が「自分らしく主体として生きること」ができるサービスを提供する真のプロを目指そう

経営目標(中・長期ビジョン)

20.受容的環境の確立
人的、物的両面において受容的環境を確立します
21.「自分らしく主体として生きること」を目指す保育・介護・障害福祉サービスの提供
「真のプロ」を目標とします
22.「将来」へつなぐ保育・介護・障害福祉サービスの提供
きめ細やかに個別のニーズに対応し、アフターケアの充実を図ります

委員長の言葉

 乳幼児期の育ちに関する3つの視点「健やかにのびのびと育つ」「身近な人と気持ちが通じ合う」「身近なものと関わり感性が育つ」を基本に、幼児期以降の5領域の育ちにつながるような視点で、受容的・応答的な質の高い教育・保育を目指しています。

 子どものつぶやきや表情の変化から気持ちを汲み取り、乳児期の間に「五感」を使って様々な体験をが出来るよう日々話し合い、また、質の向上委員会(幼児)と協力しながら研修の企画や運営等も行い、質の向上に努めています。

委員長  谷村 木ノ実

令和二年度 事業計画

  • 『養護』について継続して話し合いの場を持っていく
  • マニュアルの整備を行う
  • プロジェクト保育、環境について継続して探究を行う
  • 教育・保育の見える化について継続して探究を行う
  • Tomorrow Challenge(内部評価事業)の実施

質の向上委員会(幼児) IMPROVE QUALITY

「やってみたい」の思いが溢れて…

木工エリアの一場面 皆で力をあわせて

経営方針

■自分の能力を精一杯使い、子ども・高齢者・障害者、保護者の方々にお返しをしよう
■受容的環境を確立し、ご利用いただいているすべての方が「自分らしく主体として生きること」ができるサービスを提供する真のプロを目指そう

経営目標(中・長期ビジョン)

20.受容的環境の確立
人的、物的両面において受容的環境を確立します
21.「自分らしく主体として生きること」を目指す保育・介護・障害福祉サービスの提供
「真のプロ」を目標とします
22.「将来」へつなぐ保育・介護・障害福祉サービスの提供
きめ細やかに個別のニーズに対応し、アフターケアの充実を図ります

委員長の言葉

 教育・保育要領、保育所保育指針、また「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」を基本とし、子どもが主体となり、「いいこと考えた」「~やってみたい」という気持ちを大切にし一人一人がいきいきと自分らしさを発揮できるような環境について学び合い、改善に取り組んでいます。

 又、保育のエピソードなどを、いかにイメージが膨らむように保護者や地域に向けて伝えられるかを話し合ったり、著名な先生をお招きし研修を受けたり、教育・保育の「見える化・魅せる化」についても検討していきます。

委員長  北野 由美

令和二年度 事業計画

  • 『養護』について継続して話し合いの場を持っていく
  • マニュアルの整備を行う
  • プロジェクト保育、環境について継続して探究を行う
  • 教育・保育の見える化について継続して探究を行う
  • Tomorrow Challenge(内部評価事業)の実施

質の向上委員会(介護・支援) IMPROVE QUALITY

経営方針

■自分の能力を精一杯使い、子ども・高齢者・障害者、保護者の方々にお返しをしよう
■受容的環境を確立し、ご利用いただいているすべての方が「自分らしく主体として生きること」ができるサービスを提供する真のプロを目指そう

経営目標(中・長期ビジョン)

20.受容的環境の確立
人的、物的両面において受容的環境を確立します
21.「自分らしく主体として生きること」を目指す保育・介護・障害福祉サービスの提供
「真のプロ」を目標とします
22.「将来」へつなぐ保育・介護・障害福祉サービスの提供
きめ細やかに個別のニーズに対応し、アフターケアの充実を図ります

委員長の言葉

 日々の業務の中で、職員一人ひとりが確かな知識と技術を持って、ご利用者様の心に寄り添い、その人らしさが尊重されるような支援の提供に努めています。

 また、各拠点での課題等について情報共有を行い、対応策や改善に向けて協議を重ね、日々質の向上に向けて取り組み、さらにその取り組みについて社会に発信し、地域の福祉力向上につながるよう努めていきます。

委員長  谷村 界飛

令和二年度 事業計画

  • 技術の向上
  • 知識の向上
  • 社会への発信

地域貢献委員会 REGIONAL CONTRIBUTION

経営方針

■地域課題を把握し、多様なニーズに対応できる「福祉の総合的な拠点」になろう
■地域の「強み」「弱み」を把握し、多様なニーズに対応できる「福祉の総合的な拠点」を目標とし、さらに機能性を発揮して新しい保育・介護・障害福祉サービスを開発・提供していこう

経営目標(中・長期ビジョン)

23.連携によるニーズの把握とスキルの獲得
コミュニティソーシャルワーク(CSW)の実践のためのスキルの獲得と地域のニーズを把握します
24.地域課題(ニーズ)への対応
地域の多様なニーズに対応し、「福祉の総合的な拠点」を目標とします
25.施設主義から機能主義へ
機能性を発揮し、ニーズに応える新しい保育・介護・障害福祉サービスを開発・提供します

委員長の言葉

 地域と「つながる」ことは、社会福祉法人が地域福祉をすすめていくうえでの第一歩です。地域の方と関わり、思いを聞き、課題解決につなげていくために、職員のコミュニティ・ソーシャル・ワーク(CSW)スキルを培う研修や実践、研究に取り組んでいます。

 具体的な取り組みとして、地域の方の活動に施設を使用していただいたり、職員が地域の季節行事に参加したりする等、日ごろの関わりを大切にし、また、総合相談窓口といった委員会活動を通して、多様なニーズに対応できる「福祉の総合拠点=なくてはならない存在」を目指していきます。

委員長  樋口 勲

令和二年度 事業計画

  • CSWの実践、スキルの獲得
  • 社会福祉法人連絡協議会「ほっとかへんネット」への参画
  • 施設の開放や相談機能の拡充

共生社会の創造委員会 SYMBIOTIC SOCIETY

あなたがいるだけで、周りは笑顔

高齢者の方の力をお借りして

経営方針

■共生社会の構築と福祉教育の推進をしよう
■「幼と老の共生」、「幼と障がい者(児)との共生」を実践し、その価値観を広め、共生社会の構築を図るとともに、それを支える福祉文化の確立のため、福祉教育を推進しよう

経営目標(中・長期ビジョン)

26.幼老共生社会の再構築
幼老共生の環境づくりを進め、互いに支えあう共生社会の再構築を図ります
27.幼障共生社会の構築
幼障共生の環境づくりを進め、互いに支えあう共生社会の構築を図ります
28.福祉教育の推進
地域の幸福を願い、共生社会の構築のため、福祉教育を推進しますケア、サービスに対する積極性を失わぬよう留意し、怪我、事故をなくします

委員長の言葉

 みかり会の幼老障の複合型施設では、こども、おとな、高齢者、支援が必要な方、それぞれが別々にではなく一緒に生活をしています。その中で、お互い頼りにされたり、生きがいを感じたり、主体性を発揮したりする場面が見られ、その自然な姿はとても価値のある物だと感じています。

 幼老障の“共生社会の創造”を目指し、その価値を高められるように、研究を行い、職員同士の共有はもちろん、地域、社会にも発信し「見える化」していきたいと考えています。

委員長  藤原 剛

令和二年度 事業計画

  • 幼老障共生の効果・数値についての研究
  • 「見える化」の資料を用いて社会への発信
  • 「見える化」の資料で園内研修の実施

リスクマネジメント委員会 RISK MANAGEMENT

消防署との連携

地震訓練の風景 大人も子どもも真剣に

経営方針

■安全性を高め、安心して頼られる存在になろう
■怪我・事故、人格権侵害、財産権侵害、風評被害、経済的被害などのあらゆる危害に備えるため、リスクマネージメントを実践し、地域の中で安心して頼られる存在になろう

経営目標(中・長期ビジョン)

29.予防(発生確率の低減)する
想定外をなくし、システムを整備、周知を図り、事故等の発生確率の低減を図ります
30.被害規模(ダメージ)を小さくする
好感をもたれる組織風土の確立と事前の準備・訓練を行い、あらかじめ被害規模を小さくできるように努めます
31.クライシスマネジメント
発生後の的確な対処方法を整備します
32.人格権侵害をなくす(人権の尊重)
人権の尊重や、個人の尊厳に配慮した良質な保育・介護・障害福祉サービスの提供に努めます
33.個人情報の保護
プライバシー、個人情報の保護に努め、信頼性の高い保育・介護・障害福祉サービスを提供します
34.経済的被害に備える
経済的な基盤を整え、事業の継続性を高めます

委員長の言葉

 近年では南海トラフ地震などの大規模災害の懸念だけでなく、自然災害の被害規模も増大してきています。また、SNSツール等の普及による個人情報保護や人格権の尊重など、目に見え難い課題も社会的に増加している中で、「安心して頼られる存在になる」ためには、「安全性」を確保できている事が大前提と考えています。

 事故・災害・感染症・経済的被害などのあらゆる危害に備えるために、被害規模の想定やマニュアルの改訂、訓練などの経験を得ることでリスクマネジメントを実践し、地域の中で安心して頼られる存在になるように努めてまいります。

委員長  近藤 俊彰 

令和二年度 事業計画

  • 事業継続計画(BCP)の完成
  • 風評被害への対策整備
  • 計画的な訓練実施と評価、改善

〈 南あわじ市 〉


〈 神戸市 〉


〈 西宮市 〉